アニメ各話の情報をまとめたページです。随時更新中です。


第一部

みなとみらい防衛編

これはあり得るかもしれない近未来の話。
我が国の教育水準は教育支援AI「ぐんぐんのびるくん」によって著しく向上した。
しかし、そんなある日、のびるくんが暴走を始めた。
戦火に包まれるみなとみらい、為す術のない軍機。
その時、古代兵器が目を醒ました!
新番組「新殻鋼構アスライガー」、200%本気ガチで放送開始!
1話
「お前が転入生か?はっ、ぽっと出のお前に何が出来る」(ホサヌ)
「MOM部隊、半壊しました!」(たのみ)
「偶然とか、まぐれとか、それでも俺にしか出来ないんだろ?!」(ヒカリ)
「アスライガー……発進!」(ヒカリ)
次回、『覚悟問う入学』。
「200%本気で見てくれよな!」(ヒカリ)
2話
「私にだって、プライドくらいあるわよっ!」(しるく)
「おい照日野!一旦退けっ!」(ホサヌ)
「学校か……勉強するだけじゃ、ねえんだな」(ヒカリ)
「花鳥風月……月の型ッ!」(ヒカリ)
次回、『晴れ渡る月』。
「200%本気で是非見てね!」(しるく)
3話
「えっ、テストあんの……?」(ヒカリ)
「みなとみらい、完全に包囲されています!」(たのみ)
「一人で抱え込まないでよ!私たちじゃ力不足だって言うの?!」(しるく)
「アスライガー風……銃撃開始ッ!」(ヒカリ)
次回、『吹き荒ぶ風』。
「200%本気で見て下さいね!」(たのみ)
4話
「ホサヌに呼び出されたんだけどどこにも居なくてさ」(ヒカリ)
「学生が次々と行方不明に……?」(しるく)
「速すぎるっ、あれじゃ追いつけません!」(たのみ)
「鳥って、飛行機型なのか……」(ヒカリ)
次回、『天翔ける鳥』。
「200%本気で見ることだな」(ホサヌ)
5話
「俺が越したいのはお前なんだよ」(ホサヌ)
「どうして私がアスライガーに選ばれなかったの?!」(しるく)
「しるくが、世界を守る人になるんだ」(回想クワハ)
「私の……新しい機兵……?」(しるく)
次回、『旗風著く』。
6話
「あぁあぁああああぁあっ?!」(しるく)
「今はしるくちゃんがやるしかないんだよ」(美艇)
「私が乗れなきゃ誰が乗る……この手で守る……そう決めた……」(しるく)
「アスライガーが……負けた……?」(ホサヌ)
次回、『燃える機兵』。
7話
「無茶だ!死にてえのか、旗風!」(ホサヌ)
「あなたなら、きっと……!」(美艇)
「システムオールグリーン、行けます!」(たのみ)
「真炉始動ッ!ガイダンザー!!」(しるく)
次回、『始動まる真炉』。
8話
「アスライガーにガイダンザー……これならAIにも勝てるんじゃないか?」(クラスメイトA)
「どいつもこいつもMOM部隊のことはどうしたんだよ!」(ホサヌ)
「MOM部隊の隊長を変更する」(司令部)
「旗風、お前なら分かってくれると思ってたのに!力を手に入れた途端それか……」(ホサヌ)
次回、『届かぬ背中』。
9話
「お前があの時助けてくれたから、俺はアスライガーに乗れたんだ」(ヒカリ)
「俺は……俺自身の手で守りたかった」(ホサヌ)
「あなたしかMOMIを継ぐことは出来ない」(しるく)
「行くぞ、MOther……!」(ホサヌ)
次回、『竿梶干さぬ』。
10話
「俺の親は物心付いた時には居なくて、代わりに育ててくれた人がいたんだ」(ヒカリ)
「お父さん、何を考えているの……?」(しるく)
『お前は優しい子だな……』(タキザワ)
「学校とか、未来の教育とか、チビ達のためにも守ってやんねえとな」(ヒカリ)
次回、『意味潜む繭』。
11話
「なんだよ、あの化け物みたいな兵器は?」(クラスメイトA)
「敵も本気で潰しに来たってことね」(しるく)
「貴様らは不確定因子だ。本来ならば侵略は九割九分完了している」(敵機)
「早く撤退しろ!お前はもう無理だ!しるく!」(ヒカリ)
次回、『焦がれる怪物』。
12話
「旗風さん、かなりの重傷ですねぇ……」(医者)
「照日野ッ!お前はこの程度で終わる奴じゃないよな?!」(ホサヌ)
「アスライガー花、帰還」(ヒカリ)
「人の可能性は百花繚乱……舐めんなよ人工知能がぁっ!!」(ヒカリ)
次回、『狂い咲く花』
13話
「しるくさんはまだ目を覚ましません……」(たのみ)
「偵察部隊が帰ってきた?偵察なんてしてたのかよ!」(ヒカリ)
「敵の本拠地が分かった」(チヲシメ)
「状況は相当悪い。タイワン侵攻作戦の実行を提案する」(チヲシメ)
次回、『タイワン侵攻編』『告げる隠密』。
「200%本気で見てくれよな!」(ヒカリ)

タイワン攻撃編

14話
「私がガイダンザーに乗ろう」(チヲシメ)
「あの人は、戦闘のプロ。何たって、敵の陣地内で活動してたんだぜ?」(ホサヌ)
「アスライガー新月、推参ッ!」(ヒカリ)
「真炉双誕!ガイダンザー忍、いざ参るッ!」(チヲシメ)
次回、『高きに地を占め』。
15話
「ガイダンザー、再誕」(しるく)
「もう守る一方じゃキリがないな」(ヒカリ)
「母艦サワタリ、無事竣工だ」(エンパーノ)
「これより、タイワン侵攻作戦を開始する」(司令部)
次回、『舞い戻る戦姫』。
16話
「この街は大丈夫っスから、ホサヌさんは行ってください」(隊員A)
「あははっ、大丈夫ですって。ウチがいりゃあ機会の不調に怯えなくていいんですから」(美艇)
「ミナト・エンパーノ最高傑作の凱旋だ!ハハハハハハッ!」(エンパーノ)
「行ってきます」(ヒカリ)
次回、『託す母港』。
17話
「エンジントラブルだと?嘘言え、私のサワタリは完璧だ」(エンパーノ)
「こいつら、どこから、嗅ぎつけてやがるっ!」(ヒカリ)
「アスライガー魚とか無いのかよ!?」(ヒカリ)
「海上戦なら、私の方が一枚上手ね」(しるく)
次回、『憂う比翼』。
18話
「クソッ、サワタリ建設の工事にスパイが、そして恐らく今も尚この船に紛れ込んでいるだろう……私の最高傑作を穢しやがって!」(エンパーノ)
「お前、照日野の知り合いらしいな。殺しはしねぇ、眠ってもらうぞ」(ホサヌ)
「総員、サワタリを護りきれ!」(エンパーノ)
次回、『謀る罠』。
19話
「なっ、攻撃が逸れていく!?」(ヒカリ)
「しぶとく生きているな、人間。我が直々に審判を下してやろう」(FG)
「楽しき園生、だと?ふざけるな!」(ホサヌ)
「FG、とでも呼んでくれ」(FG)
次回、『楽しき園生』。
20話
「生憎、我は大平凡主義なのでね」(FG)
「タイワンに着陸するぞ、隙を作れ!」(エンパーノ)
「マザーコンピュータを見つけさえすれば」(ヒカリ)
「あの時、アスライガーに乗ったのが君で良かった」(しるく)
次回、『歪む平凡』。
21話
「事象を捻じ曲げる力、貴様らは勝てないんだよ」(FG)
「マザーコンピュータはあいつ自身だ」(エンパーノ)
「照日野、お前のおかげで俺も戦い続けられたんだぜ?恩が返せるなら、この命、何にだって捧げるさ」(ホサヌ)
「ホサヌッ!!」(ヒカリ)
次回、『散華する勇者』。
22話
「そうだな、貴様らに倣って、『ファスネイガー』を名乗らせて貰おうか」(FG)
「これは、あいつが遺したメッセージ?」(ヒカリ)
「そうか、MOMIとガイダンザーを」(しるく)
「ホサヌ、使わせてもらうぞ」(ヒカリ)
次回、『思い継ぐ試作機』。
23話
「事象操作だけが我が力だと思うな」(FG)
「機械の知能と、人間の叡智を一緒にするんじゃねえ!」(ヒカリ)
「あなたの正義も間違ってはいない。でも、エゴだとしても、私たちは自由と幸せを護りたい」(しるく)
「俺の名は、新殻鋼構アスライガーだッ!」(ヒカリ)
次回、『新時代を護る殻』。
24話
「学校、通ってみると案外楽しいんだ。先生が居て、仲間が居て、そこに暖かさがある。俺はあの場所に戻りたい。新時代の子供にも味わってもらいたい。いつしか、そんな願いが戦う理由になってたんだ」(ヒカリ)
「犧花旭光瓠(ヒカリ)
次回、『照る日の光』。
25話
「終わったん、だよな」(ヒカリ)
『AI教育廃止。学校制度復活の目処』(テレビ)
「しるく、行こうか」(ヒカリ)
「アスライガー、俺を選んでくれてありがとう」(ヒカリ)
最終回、『Our School Life』

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます